一度に大量の情報をインプットできるようになるALMACREATIONSのフォトリーディング

本を読んでもなかなか頭に入ってこず、一冊読むのに時間がかかってしまう。
こうした読書の悩みを抱えている方に、ALMACREATIONSのフォトリーディングをぜひ試していただきたいです。
フォトリーディングは一度に大量の情報をインプットすることができる方法で、これまで頭に入りにくくかったこともすんなり頭に入ってくるようになるので、読書の速度が上がります。
読書のスピードが上がればたくさん本を読むことができ、たくさん知識を得ることができます。
収入が高い人ほど年間に多くの本を読んでいることが分かっているので、年収アップのためにもフォトリーディングをオススメします。

フォトリーディングは読書だけでなく、メール、試験問題などあらゆる文書の読み取り能力が高くなるため、仕事をこなす能力が格段によくなります。
例えば通常の状態だと長文のレポートを読んでも頭の中で要約するのに時間がかかってしまいますが、フォトリーディングを学ぶと素早く要約できるので作業効率がアップします。
本を速く読む速読とは異なり、フォトリーディングは情報を頭にインプットし、アウトプットできるように情報を整理する能力を高める方法なので、有限の人生において貴重な時間を有効に使うことができます。


生徒の自主性を促して成績アップを実現する冨永式学習法

生徒の成績を上げる工夫をしているのになかなか成績アップにつながらない・・・、このような悩みを抱えている塾経営者は多いかと思います。
なぜ成績が上がらないか?
それは生徒が自主的に勉強をしておらず、勉強をさせられていることがひとつの原因として考えられます。
冨永教育経営研修所の冨永式学習法は生徒の自主性を促すことにより、成績アップを実現しており、100点以上の成績アップを達成した塾生が続出中です。
させられる勉強から、生徒が自主的に勉強をする方法に変えるだけで成績は大きく変わります。
大人がいくら勉強は将来のために必要なことだと教えても、生徒が勉強をやりたくないと感じていては成績は上がりません。
かと言って生徒が自主的に勉強してくれるように促すのはなかなか難しいですよね。

冨永式学習法は他の塾がやっていない独自の教材「ミラクルロード」によって短期間での成績アップを実現しています。
最初は単純な学習からスタートし、それを反復することで成績アップにつなげていきます。
こう説明すると誰でも思いつきそうな学習法に思えますが、冨永式学習法は成績アップにつながる学習法を独自に開発し、成績アップに悩む塾経営者に支持されています。


タブレットを活用した進研ゼミの小学生向け通信教育「チャレンジタッチ」

進研ゼミには「チャレンジタッチ」という小学生向けの通信教育があります。
「チャレンジタッチ」はタブレットを活用した通信教育で、デジタル教材を配信し、文字や式の書き方を赤ペン指導でチェックしてくれます。
最近は学習にタブレットを取り入れる塾やゼミが増えてきて、通信教育の大手である進研ゼミがタブレットを活用したデジタル教材を取り入れているのは必然と言えます。

「チャレンジタッチ」はタブレットの特徴を活かし、例えば漢字の学習では書いたその場で書き順をチェックしてくれる点です。
紙の教材だと一旦送ってからでないと添削してもらえませんが、デジタル教材なのでその場で添削が可能で、すぐに修正して正しい書き順を覚えられます。
これはデジタル教材ならではのメリットで、リアルタイムに添削をすることで効率よく学習できます。
学習が身についていけば勉強することが楽しくなるので、タブレットの特性を活かした「チャレンジタッチ」は効率が良い学習方法と言えます。

「チャレンジタッチ」では紙の教材も定期的に届けてくれるので、紙の教材でも学習できます。
通信教育の大手である進研ゼミが作っているタブレット用学習教材だけあって、なかなか内容が充実しています。


PowerPointで作った原稿を送るだけで学習教材を作ってくれるD-FACTORY

学習教材をどうやって作ったらいいか分からない、そんな方にオススメしたいのがロゴスウェア株式会社のコンテンツ制作サービス「D-FACTORY」です。
「D-FACTORY」はPowerPointで原稿を作って送るだけで学習教材を作ってくれるので、難しく考える必要はありません。
PowerPointによる原稿だけでなく、テキスト原稿からでも学習教材を作ってくれます。

「D-FACTORY」ではスライド型コンテンツとテスト型コンテンツに対応していて、スライド型コンテンツは学習するためのコンテンツを指します。
テスト型コンテンツは◯×クイズなどテスト形式のコンテンツを作成してくれます。

学習教材はパソコンだけでなくスマートフォン、タブレットにも対応していて、パソコンはWindowsにもMacにも対応しています。
パソコンの場合はFlash、モバイルデバイスの場合はHTML5で作成してくれます。
各デバイスに対応するだけでも知識が必要なので、原稿を送るだけで学習教材を作ってくれるのは助かりますね。
入稿が簡単なので手間がかからず、学習教材作成にかかる時間と費用を節約してくれるのが「D-FACTORY」というサービスです。


専用タブレットで学習できる小学生向けの通信教育「スマイルゼミ」

前に何かの番組で見たのですが、子どもは発想が柔軟なので説明をしなくても自分で考えてタブレットの使い方を学ぶことができるそうです。
確かに大人の方がタブレットなど最新の機器を使いこなすのに時間がかかりますが、子どもはゲームもそうですが自分で勝手に使い方を覚えていきますよね。

タブレットは子どもの学習に活用されていて、株式会社ジャストシステムは専用タブレットを活用した小学生向けの通信教育「スマイルゼミ」を展開しています。
「スマイルゼミ」は専用タブレットで直感的に学ぶ教材を配信していて、子どもの学習状況に応じて表彰する仕組みを作ることで子どものやる気を引き出しています。

興味深いのは家族専用のタイムラインで学習成果とメッセージを共有することができ、お手持ちのスマートフォンから子ども専用のタブレットにメッセージを送ることができる点です。
子どもがちゃんと勉強していたら、スマートフォンから褒める言葉を送ってあげれば、子どものやる気と励みになります。
「スマイルゼミ」のタブレットはコミュニケーションの手段にもなるので、子どもと楽しくやり取りしながら勉強を見守ることができます。
子どもの毎日の勉強の成果を確認できるので、親御さんにとっても子どもにとっても続けやすい勉強方法になると思います。


自宅で授業を受けられる青山英語学院の個別対応プログラム「アシスト」

部活や習い事をしていて、塾に行きたいけれど塾に行く時間がとれない生徒にオススメしたいのは、株式会社青山英語学院の個別対応プログラム「アシスト」です。
「アシスト」には通信生コースがあり、一般的な通信教材ではできない画像と音声による授業を自宅で受けることができます。

授業があるなら塾と変わらないんじゃない?と思われた方もいらっしゃると思いますが、「アシスト」は録画した授業を24時間いつでもダウンロードして観ることができるので、自分の好きな時に授業を受けながら自宅学習することができます。
塾では先生に当たり外れがあるのが否めませんが、「アシスト」は指導経験が豊富な優秀な教師が授業を行っていて、通信生なので日本全国どこに居ても優秀な教師の授業が受けられるのです。

パソコンとインターネット回線があれば自宅で授業が受けられますので、塾に通う時間がない生徒も塾に通うのと同じように勉強できます。
録画授業なので分からないところがあれば巻き戻して見れるのもメリットで、塾のように分からないところを後回しにしないのでひとつひとつ確実に身についていきます。
これからの時代は自宅で授業を受けるのが主流になってくるかもしれません。


学習しやすい対話型アニメーション教材・すらら

子供に「勉強しなさい!」と言うだけではな、なかなか勉強してくれないものです。
勉強させるには、子供が勉強しやすい学習教材を使うのが賢い勉強のさせ方と言えます。
株式会社すららネットの「すらら」は他の学習教材とは異なる対話型アニメーション教材で、ゲーミフィケーションを応用して作られています。
ゲーミフィケーションはゲームの要素を取り入れた概念で、「すらら」には動画配信型、問題集型、ゲーム型の3つのアニメーション教材があります。

まず動画配信型ですが、カリスマ講師が授業をする動画を視聴するタイプの学習方法です。
通常は塾などの授業に足を運んで学ぶものですが、「すらら」は動画で授業を受けられるので、全国どこにいてもカリスマ講師の授業を受けることができます。

次に問題集型ですが、この方法はパソコンで問題を時、問題集の結果を分析することによって以降の学習に役立てます。
苦手な分野などをフォローできるので、苦手分野の克服に効果的です。

3つ目のゲーム型は携帯用ゲーム機などを使用して学習をする方法で、ゲームをしながら楽しく学べるという強みがあります。
「勉強する気にさせる」ことがしやすいので、なかなか勉強を始められない子供に有効な学習方法です。


日本e-Leaning大賞受賞経験のある株式会社タオの家庭学習用教材・天神

株式会社タオの家庭学習用教材・天神は、学習教材として合理的なシステムを採用しているとして2013年の日本e-Leaning大賞を受賞しました。
天神は乳幼児版、小学生版、中学生版、高校生版があり、各年代の学習に対応しが学習教材を用意し、クラウドタイプとハードタイプで効率の良い学習を可能としています。
ハードタイプの学習教材でも最新のデータをダウンロードできるようになっていて、学校と家庭のいずれの利用でも効果的な学習をサポートしてくれる優れた学習教材です。

天神は公立中学校と連携をし、不登校生の学習のために活用されており、自宅で学習して高校に合格した生徒もいます。
学校と連携することにより、先生が1週間に一度生徒の自宅に訪問して学習状況を確認することで、学校に通えない不登校の生徒も学校と同じように学習することができます。
こうした社会性のある取り組みも評価され、天神は日本e-Learning大賞を受賞しました。
全国で5万人が天神を利用して学習しており、天神を始めてから学校の成績がアップしたとの声がたくさん届いています。
天神は子供の学習についてしっかり考えて作られている学習教材システムなので、自宅で効率の良い学習ができます。


自宅で塾に通うレベルの学習ができるWEB学習教材・城南マナビックス

城南進学研究社が提供している城南マナビックスは小学生・中学生向けのWEB学習教材で、インターネット環境があればいつでもWEB上で学習ができます。
学校で受ける授業と同じような内容の授業を受けることができ、10万を超える演習問題が用意されています。
1学年前の授業に遡って復習することも可能で、WEBならではのメリットを活かした学習教材です。
大人数で学ぶ学習塾は生徒一人ひとりに目が行き届きにくいですが、WEB学習教材である城南マナビックスは、一人ひとりの学習状況に合わせて学習目標を立てて学べるので、日々着実に実力がついていきます。

学習の流れは「授業」→「基礎問題」→「フォローアップ(間違えやすい問題などの解き方)」→「応用問題」→「弱点克服問題」となっています。
学習塾のように授業から応用問題まで対応しているので、塾に通わずともしっかり学習できます。
学習塾に通わせると暗くなってからの帰りが心配ですし、どれぐらい学習が進んでいるのかが把握しづらいですが、城南マナビックスなら自宅学習ができるので帰りの心配がありませんし、学習の進捗状況も把握しやすいです。
学習管理機能(CMI)では学校の成績の管理もすることができるので、学校の授業の進み具合も加味して学習計画を立てることができます。


資格に強い!「諒(りょう) 設計アーキテクトラーニング」(10)

諒(りょう) 設計アーキテクトラーニングの資格取得をバックアップする講座を紹介するシリーズの第10回。キッチンスペシャリスト資格取得講座です。社団法人インテリア産業協会主催キッチンスペシャリスト資格試験合格を目標にする方、また関連業界への就業を目指す方を対象としています。この資格の能力が最も求められるのは、なんといっても住宅設備メーカーやキッチン専門メーカー、卸売などのキッチン関連企業です。キッチンスペシャリストの試験を受験する方の中には、すでにこうした企業で働きながら、スキルアップを目標として受験するという方も多いようです。また、建築事務所やリフォーム会社でプランニング・設計・施工といったトータルでキッチン用品の営業、ショールームでの製品提案など、キッチンに関わるさまざまな業務にこの能力が求められています。

ライフスタイルの変化に伴い、キッチンは調理に限らず、家族の交流の場として考えられるようになっています。キッチンスペシャリストは、このようなライフスタイルの変化やキッチンに設置される設備機器の機能・進化などを理解したうえで、安全で快適な空間を作り上げていくアドバイザーとしての役割があります。専門サイトで3年連続口コミ評判ランキング1位を獲得した人気の通信教育です。

 


Next page »